小さな声を大切にしたい。商業出版、自費出版、自分史。

ブログ「珈琲豆を挽きながら」

戦争は知らない、けれど……

 私を含め、私たちのほとんどは、もう戦争の悲惨さを語り伝える言葉をもっていない。だって、戦争を体験したことなどないし、かろうじて太平洋戦争を生身で知っている父も母も、もういないのだから。  けれど、記憶の糸をたぐってみれ …

ふふふ読書会のこと

 昨日は、こんな酷暑に読書かよ!(「こんな夜更けにバナナかよ!」のもじりのつもり)と思わず叫んでしまそうな熱暑をモノともせず、4人の中高年が集い、一人のゲストをお招きして気温に負けないくらいの熱〜い読書会となった。皆さん …

本と珈琲

 渋谷駅から宮益坂を青山通りに向かって少し歩くと宮益坂上の交差点に出るが、その近くに、ウィリアム モリスという珈琲店がある。渋谷駅周辺は新宿駅周辺と同様、(良き)喫茶店不毛地帯とかねがね思っていた私にとって、この店はそん …

「一人出版社」は一人ではできないという当たり前のこと

 毎月初めは、渋谷公園通りにある会計事務所に行くことになっている。月々の決算書類をまとめて見てもらったり、税務署提出用の書類を作ってもらったり。6年前、会社を立ち上げる際、起業のために必要な準備と手続き一切合切の面倒を見 …

本をつくる幸せ

 先週のブログの末尾に「多幸感」と書いた。その意味するところと真反対の気分にどんよりへこんでいたからか、今まで一回も使ったことのない(と思う)こんな表現がポンと浮かんできたのだった。   「書こう」スイッチがONになると …

村上春樹ライブラリーに行ってみた

 今月1日から毎週金曜日、早稲田大学に通っている。高田馬場駅から早稲田通りを早稲田方面にズーッと下っていくと、西早稲田あたりで「く」の字に右カーブする地点がある。三叉路になっていて、右へ行けば馬場下の文学部、左の2本のう …

静人舎からのお知らせ

4月新刊「よく生きることはよく書くこと」千本建一郎 著

2022年4月1日「よく生きることは よく書くこと」〜ジャーナリスト千本建一郎の文章教室1985-2015〜 を発刊致しました。詳細は→静人舎の本をご参照下さい。

1月新刊「モアイよそなたは何者だ」井上卓也 著

2022年1月、新刊 井上卓也著「モアイよそなたは何者だ」を発刊いたしました。詳細は→静人舎の本をご参照下さい。

11月新刊「ダイヤモンドの履歴書」石田まさひら著

11月30日、新刊 石田まさひら著「ダイヤモンドの履歴書」を発刊致しました。詳細は「静人舎の本」をご参照下さい。

10月新刊「反デジタル考」露木保仁著

10月20日、新刊 露木保仁著「反デジタル考」を発刊致しました。詳細は→「静人舎の本」ご参照下さい。

自分史のすすめ

静人舎の書評ブログ「書棚から」

PAGETOP
Copyright © 株式会社 静人舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.